もし自分の望んでいる愛が感じられないときは、あなたの「愛情の求め方」を見直すとき

パートナーにたいして、望んでいる愛情や思いやりが得られない。そう感じるなら、自分の「愛情の求め方」を見直す必要があるでしょう。

相手に愛されたいなら、まず自分から愛を伝えましょう。「伝える」ことをおろそかにしてしまうと、いつの間にかお互いに愛を語らなくなってしまいます。

相手の愛情を求めているのに、ただ待っているだけだったり、受け止めてもらえるか不安が大きすぎて、空想しておわりになっていたり。

もしくは、相手が「好き」と言ってくれたから、自分から愛情を示さなくても大丈夫だろう、と思うかもしれません。

愛情は生ものです。言葉や態度で示し続けていかなければ、愛は伝わりません。

ハッキリ伝わる表現が愛を育てるのです。

相手からの愛を感じたいなら、待っているだけではなくて、自分からも惜しみない愛を伝えていきましょう。

大切なのは、伝わるように伝える愛。その愛情表現がさらに二人の仲を深めていくでしょう。

メルマガのご登録

あなたに合った生き方をしていると、もっとラクに生きられるようになります。美虹からのスピリチュアルメッセージと、一週間の星占い☆をお届しています。
配信:毎週金曜日 朝9時ごろ