わたしの中に2つの自分がいる。どうバランスとる?

先日20代女性のお客さまから、突然、こんなことを聞かれました。「ね、美虹先生。どうしてバランスってとらなきゃいけないの??」

最初は何のバランスのことかしら?と思いましたが、対人関係でお悩みとのこと。彼女の場合、自分を全面に押しだしてしまうか、相手に合わせすぎてしまうか、両極端になってしまうそう。

「人と接するとき、いつもどちらが正解なのか分からないの。人とのバランスの取り方って、本当にむずかしいー!どうしてバランスなんか、とらなきゃいけないのよ!?」という、彼女の心の叫びでした。

自分の中に2つの性質があって、同じように悩んでいらっしゃる人もいるかもしれません。実は鑑定しているとこのようなケースはよくあることです。

そこで今回のテーマは、「わたしの中に2つの自分がいる。どうバランスとる?」について考えてみたいと思います。

自分の中に二人の自分がいる。どちらの自分が正解なの?

例えば、彼女の生年月日でみてみると、生まれた性質の中にこの両方をもっています。

☆牡羊座の要素(大胆で勇敢な積極性)

☆魚座の要素(他人に共感する受容性)

自分の大胆で活発な面を押しだすのか、他人を優先して柔軟的に動くのか、2つの違う自分がいて戸惑うのです。

どちらを出すのが正解なのか分からなくなって、苦しくなる。自分の性質を知らないと、知らないがゆえに悩みを抱えてしまう。今回もまさにそのケースです。

実のところ、「自分の中に2つの性質がある。どちらの自分でいるのがよいの?」に正解はありません。なぜなら両方自分の大事な能力だから。

彼女は、大胆に発言して人をリードする力も、他人に共感し合わせる心の寛容さも、両方兼ね備えているということ。

一般的にバランスをとるというと、相反する「2つの間をとる」イメージがありますが、“自分に合ったバランスの取り方”というものがあります。

今回のケースでいうと、2つの性質の「間をとる」のではなく、時と場合によってどちらの自分をだすか「使い分けていく」ことが、ストレスなく生きられるコツなのです。

自分の性質を知っておくと、自分自身のバランスが取りやすくなります。そしてその結果、人とのバランスも取れやすくなります。

自分の性質を知って理解しておくと、悩まなくていいことで悩むことがなくなります。なぜなら、悩んだ時に「あ、そうだった!わたしはこういう性質を持っているから、こうすればいいんだ!」と思うことができるから。

わたしも2つの性質をもっているかも!?という感覚がある方は、自分の性質がどんなものなのか
どうバランスをとるとラクになれるのか知っておくといいでしょう。

あなたの良い部分を知って、これからもどんどん生かしていきましょう!

【無料】あなたにいま必要なメッセージをお届けします

タロット霊にきいてみる。いまのわたしに 必要なメッセージは?

ここに3枚のカードがあります。直観でピンときたカードを選んでください。

わたしの魂は何を望んでいるの?
今、どのように行動すると良いの?
今のわたしに必要なメッセージは?

いますぐお届けします。