人の悩みは解決してあげなくていい。別の見方に変えてあげることが最大の思いやり

先日いらした女性から、このようなご相談がありました。

「職場の友達から悩みがあるの、と言われて話を聞いてあげたのです。それを聞いたら、可哀そうになってしまって。どうしても友達を助けてあげたいのだけど、わたしには何もしてあげられることがない。それが、ツラくてツラくて。。」

人の悩みだけれど、それが自分の悩みになってしまう。そんなときがあります。

あなたにもそういうところがあるなら、あなたはきっと面倒見がよくて愛情深い、いい人でしょう。だって友達のために一緒に悩んであげる人だもの。

でもね、ちょっとドライな言い方かもしれないけど、人の悩みは人の悩み。彼女のように、自分が苦しくなるほど悩まなくていいのですよ。

では、身近な人から相談されたとき、どうしてあげるといいのでしょうか。

人の悩みは解決してあげなくていい。別の見方に変えてあげることが最大の思いやり

わたしは子供の頃、よく失くし物をする子でした。

「お母さん!○○がない!」とさわぐと、母親が「4つの目👀で探すと見つかるわよ」と言い、よく一緒に探してくれました。(4つの目とは、私の目2つ👀👀+母の目2つ👀👀のことです)

「あら。ここにあるじゃない!」とすぐに失くし物を発見する母。「なんで??さっき、そこも探したはずなんだけど~」とブツブツ言うわたし。

わたしは見ていたつもりだったけど、実はちゃんと見れていなかったのでしょうね。母は、なくしものがない!と困っているわたしとは裏腹に、淡々と違う目線で失くし物を見つけてくれました。

人のお悩み相談も、これにちょっと似ているかもしれません。

一緒に悩んでしまうと自分も一緒にツラくなるけれど、悩んでいる本人と違う目線でみるなら相手の力になってあげられます。

たいてい悩んでいる人はその悩みのことで頭がいっぱいです。一つの考え、一つの方向に思い込んでしまうことが多いです。

たとえばそんな時に「あなたが思っているほど△△じゃないよ」「逆に考えてみたら□□じゃないの?」など、違う視点にたってアドバイスをしてみましょう。

別の角度から本質をみてあげる。これが最大の思いやりだと思います。

もし、それでもあなたが人の悩みで苦しくなるなら・・「あなたの悩みを聞いているとツラくなるんだよね。。」と直接本人に伝えるのもいいかもしれません。

人の悩みは人の悩み。自分がツラくならないようにしていきましょう。自分にできることを精一杯やればそれでいいのです。自分のの分だけ頑張りましょう。

メルマガのご登録

あなたに合った生き方をしていると、もっとラクに生きられるようになります。美虹からのスピリチュアルメッセージと、一週間の星占い☆をお届しています。
配信:毎週金曜日 朝9時ごろ