成人式。大人ってどんな人?こんな大人を目指したい

月曜日は成人式でしたね。全国的にお天気で何よりでした。

新橋占い館に出勤する途中、華やかな振り袖姿でキャッキャと楽しそうに歩く新成人たちを見かけました。

可愛らしくて、わたしまで胸がはずみましたよ!これから大人の階段をのぼっていく新成人たち。心から応援しています。

さて、成人年齢は、2022年から20才→18才に引き下がることが決まりましたね。

「大人になりたい」「大人らしくない」とよく聞きますが、いったいどんな人を
「大人」って言うのでしょう。

今回は「大人ってどんな人?」「こんな大人を目指したい」をテーマに考えてみたいと思います(^^)/

大人ってどんな人?
自由と責任を持った人

「大人」ってどんな人でしょうね。一言で答えるって、意外とムズカシイ。。あなたの大人像は、どんな人ですか。

仕事をして収入を得る人?
常識やルールを守る人?
何かの形で社会貢献する人?

うーん。

色々考えてみましたが、わたしにとっての大人像は「自由と責任がある人」
たどり着きました。

大人に与えらえた自由。それは、誰かが決めた道を歩むのをやめて、自分で望む道を選び、道を創っていくことです。

でもね、いきなり自由にしてもいいよ、と言われても困りませんか。どこから手を付けていいか分かりませんよね。

小学校の頃、わたしは夏休みの自由研究がキライでした。だって、何を作ったらいいか全然分からなかったから。

どうしよう?どうしよう?とギリギリまで決められなくて。親に相談すると
「出来ることをするしかないでしょ?」と言われ、そこで思いついたのが
当時得意だった手芸。

ピンク色のクッションに、帽子をかぶった女の子を刺繍して提出したことがあります。

2学期になって、お友達の作品と一緒にズラーっと並べられたらビックリするんですよ。

お友達は、ダンボールや牛乳パックで出来た動くおもちゃを創作している人もいて、それはそれは自由で大胆でワクワクする作品がいっぱいあったから。

そこで気づくんです。あー。そうか!
自分にできる範囲でやるのではなくて、自分がワクワクするものをやるのが
自由研究なんだ・・ってね。

自由に道を創る
けれど
選択した道を誇りに思うことが責任

あの頃は、自由と責任の両方をどうバランスをとっていいか分からなくて、先生や友達から「カッコ悪い」と思われないように、無難にこなせる方ばかりを選んでいました。

責任がとれる範囲内で選択する自由は、ほんとの自由研究ではなかったな。

ほんとうの自由研究は、自由が好きなように道をつくった後で、その道を選んだ自分に責任を持つこと。これが大人の自由と責任なのでしょう。

ここでいう責任は重苦しいものじゃなくて、自由を手に入れた人の特権みたいなものです。

人生は、算数のように答えが1つではないから、あなたのお心ひとつで自由に道を創ることができます。けれど、選択した道を誇りに思うことも責任。

どこまでできるか可能性を信じて、いまの枠を飛び出してみる。そんなあなたを心より応援しています。迷ったときは、いつでもお力になりますよ。

心をこめて。美虹(みく)

あなたにいま必要なメッセージをお届けします

タロット霊にきいてみる。いまのわたしに 必要なメッセージは?
(無料です)

ここに3枚のカードがあります。直観でピンときたカードを選んでください。

わたしの魂は何を望んでいるの?
今、どのように行動すると良いの?
今のわたしに必要なメッセージは?

いますぐお届けします。