タロット運命学鑑定士美虹
美虹(みく)
東京都在住
9月生まれ てんびん座
2011年より励ましタロットリーダーとして活動
鑑定実績:8,860名(2017年11月10日現在)

タロットとの出会い

私が初めてタロットに出会ったのは、2005年秋『タロット一日体験講座』で占ってもらったときでした。

当時の私は、会社で役職についており、激務をこなしながら仕事漬けで過ごす毎日。

女性が活躍できる会社でしたので昇格や昇給の機会もあり、傍から見れば順風満帆のようにみえたかもしれません。会社に大きな不満があるかと言えば、特段不満はありませんでした。

しかし、一日のほとんどの時間を仕事に費やす生活は、私の心を満たしてくれません。二度とない人生をこのまま終わっていいのか?と自らに問えば、疑問が残りました。

「いつまで、この激務は続くのだろう。。」

「このまま今の生活を続けて10年後悔いはないか。。」

「わたしはどこに向かって走っているのだろう。。」

と、真剣に考えるわたし。

「いやいや。この仕事は私がやるしかない!」

「何とかしなきゃっ!どうにかしなきゃ!」

与えられた責務を果たそうとするわたし。

 

その頃のわたしは、血尿がでても高熱がでても夜遅くまで仕事一筋。心がパンパンになりながら、出口の見えない暗いトンネルを、ただひとりで走り続けながら、悩み、焦り、もがいていたとき。

何をしていいか分からないまま、気軽な気持ちで参加したのが「トートタロット一日体験講座」だったのです。

 

たった二時間の体験講座でわたしの運命が動き出しました。

 

そのとき、こう告げられたのです。

「あなたは、過去から今に至るまで猛烈に頑張ってきた。でも、今の自分に違和感を感じているのですね。将来あなたは、人を癒す仕事をするでしょう。

ただし、その前に自分が十分に癒されること。あなたが精神的に元気が回復したとき、その経験をもとに人を癒す人になるでしょう」

 

無我夢中で走ってきたこと。

行き詰りを感じ、今にも心が折れそうになっていたこと。

将来、新しい仕事をしてみたいと思い始めていたこと。

 

すべてがわたしの心にストンと落ちて、思わず涙がどっと溢れました。あまりの感動に、もっと本格的に自分の可能性を知りたくなって、十数年勤めた会社を退職。タロット運命学を本格的に学び始めたのです。

 

自分らしく生きるヒントをくれたタロット運命学

数年間、自分の内面と向き合う訓練をしていくと、しだいに色々なことが見えてきました。

・本当の自分と向き合おうとしないまま、素直な気持ちにフタをしていたわたし。

・自分のキャパオーバーに自覚がないまま、走り続けていたわたし。

・わたしにはココしかない!と狭い考えにとらわれていたわたし。

・周囲の目や世間体にとらわれて、自分らしさ(個性)が消えていたわたし。

行き詰っていたのは、「~すべきだ」という狭い思い込みにとらわれていた自分自身に原因があったこと。

慣れ親しんだ考え方や今までのやり方を変えることは、誰でも抵抗したくなるものですが、人が成長するには『これまでの思考パターンや行動パターンの殻を破らなくてはならないときがある』ことに、心底気づかされました。

 

それまでの私の占いに対するイメージは、”結果だけを伝えてくれるもの”でしたので、トートタロットを学ぶことは、衝撃の連続でした。

トートタロットは、現実にある問題を解決に導いてくれるだけではなく、『意識革命』のごとく私自身の考え方まで大きく変えていったのです。このことには、私自身が一番驚きました。

吉凶を占うこと以上に、凝り固まった生き方や考え方の限界を乗り越え、新しい自分に出会うことを体験させてくれたのです。

人は生まれ変われる。豊かな人生を過ごしていけるのだ!ということを教えてくれました。

 

美虹(みく)からのメッセージ

悩みを抱えている女性は本当に多いです。私もその一人でした。

悩みや違和感という形で気づかされた感覚。それがあって次への扉をあけることができました。

「なぜ?」「どうしたらいいの?」「このままでいいの?」と、自分に問うところからすべてが始まります。そこから、無限大の可能性が生まれるのです。

素の自分に向き合うと出てくる悩みや苦しみや恐れ。そこに、自分らしく生きるヒントがあります。

「幸せになりたい」と願うあなたの意志がすべて。どんな人でも幸せになれる力、変われる力を持っています。

わたしはいま、天職に恵まれ、自分らしく生きている実感があります。多くのリピータ―さまに支えられて幸せです。

あなたらしく生きていくために、心をこめて鑑定させていただきます。