【水星逆行】2023年12月13日から1月2日までの過ごし方。注意すること、した方が良いこと。

2023年12月13日から2024年1月2日まで、水星が逆行する期間に入ります。この期間は、コミュニケーションや情報、技術、交通、通信、契約、テクノロジー、旅行に関連して、トラブルや混乱が起きやすいと言われています。そこで今日は、水星逆行の期間の過ごし方についてお届けします。

 

 水星逆行とは?

水星逆行とは、地球から水星をみたとき、通常と逆の方向に「動いているように見える錯覚の現象」です。実際の水星が逆方向に動くことはあり得ないのですが、地球の公転周期によって逆に動いているように見えるのです。それによって、水星に関連することについてトラブルや混乱が起きやすくなります。といっても、意識していれば避けられることも多いです。また、逆に行くということから、過去を振り返るのに良い時期とも言われています。

 

・起こりやすいトラブルは?

・過ごし方。

・過去の振り返り方について、順に説明しますね。

 

起こりやすいトラブルは?

具体的には、以下のようなことに注意が必要です。

 

・コミュニケーションの誤解や行き違い

・情報の遅延

・間違った情報に振り回される

・重要な契約締結の見落とし

・旅行のトラブルや遅延

・機器の故障や不具合、など。

 

12月13日—1月2日までの過ごし方(水星やぎ座、水星いて座)

年末年始を気分よく過ごすためにも、頭の片隅に入れておきましょう。

・コミュニケーションで、「きっと相手は・・だろう」と自分の思い込みで判断しないように。誤解や行き違いにならないよう、、言葉を使って確認しましょう。

・相手の言葉に反応し過ぎて、一方的な主張にならないように。感情的な口論を避けましょう。

・メールやラインの誤送信に注意。誤字脱字、送信先を再確認してから送信しましょう。

・SNSや噂話に惑わされないよう、情報の真偽を確かめてから自分の中に取り入れるようにしましょう。

・重要な契約を締結する場合は小さな文字にも目を通し、慎重に判断してください。1月3日以降でもよいなら、それ以降に契約締結しましょう。

・交通機関の遅延に備えて余裕を持って出かけましょう。

・旅行の予約や出発準備も、余裕を持って行いましょう。

・スマホやPCなどの機器トラブルがあったときのために、バックアップをこまめに取りましょう。

 

以上、色々書きましたが、あまり過敏にならなくて大丈夫^^頭の片隅に入れておく程度で十分避けられることが多いです。総じて、柔軟的に過ごしましょう!

 

過去を振り返るのに良いとき

逆行→逆に行く→過去。このことから、過去を振り返り明るい未来につなげるきっかけをつくるのに良いときです。

 

・今年1年間の失敗や成功を振り返り、改善点や対策を考えるのに良い機会です。新年の抱負を考えるベストタイミングです。

・一度諦めたことに再チャレンジするのに適した時期です。「できない」「やれない」という思い込みグセを捨てて挑戦しましょう。

・過去の友人と連絡を取り合いましょう。年末年始の挨拶もいいですね。交流が復活するかもしれません。

 

 

いかがでしたか。12月13日から1月2日までの過ごし方のヒントにしてくださいね。いつもあなたを応援しています。

「トートタロット」×「西洋占星術」人生を変える占い師 美虹(みく)

美虹
美虹あなたを幸せな人生に導く 励まし鑑定士『美虹(みく)』
「これから先、自分はどうなるの?」「このままでいいの?」
そんな不安や心の叫びに寄り添い『トートタロット』と『西洋占星術』が示すメッセージを伝えながら、一緒に創造的な未来を描いていきます。
鑑定実績1万6千人以上。鑑定歴13年目。
宇宙から授かったあなただけの才能や魅力を最大限に輝かせていきましょう。
愛ある鑑定であなたの幸せな人生へ全力サポートします。
新橋、池袋で鑑定中。遠方の方はオンライン鑑定いたします。トートタロット講座も開催中。
「プロフィール」へ
「鑑定メニューとご予約」へ
「トートタロット講座」へ
お問い合わせ

【無料】あなたにいま必要なメッセージをお届けします

タロット霊にきいてみる。いまのわたしに 必要なメッセージは?

ここに3枚のカードがあります。直観でピンときたカードを選んでください。

わたしの魂は何を望んでいるの?
今、どのように行動すると良いの?
今のわたしに必要なメッセージは?

いますぐお届けします。