こんな自分ヤダ・・と思ったとき、コレを知っておくと強い自分になれる!

出展:wikipedia

自分の情けなさを感じて、「あぁ。こんな自分ヤダな。こんなことでくじけない自分になれたらいいのにな」と思うこと、ありませんか。

わたしはあります。そんなとき「もっと強くなれたらいいのにな」って思います。

強い自分、ってどんな自分でしょうね。どんなことがあっても動じないわたし、人に振り回されないわたし、心で負けないわたし、というところでしょうか。

そこで「強い自分になるにはどうしたらいい?」について考えてみたいと思います。

弱さを知っている人が真に強い人

結論からいうと、自分の弱さを知っている人、その弱さから目をそらさない人が、真に強い人だと思います。

人はだれでも弱さをもっています。

強さしかない人間なんて存在しないし、もし「自分は弱くない!」と豪語している人がいたら、きっとその人は弱さを隠して大きく見せているか、本当の自分を知らない人です。

アキレス腱の由来となったギリシャ神話の英雄『アキレウス』をご存知ですか。

彼は戦場で英雄として活躍したけれど、足首が弱点であることを見抜かれて、足首に矢を射られ死に到ることになりました。

もしアキレウスがもっと自分の弱点に関心をもち、鉄の足輪?などで足首を防衛していたら・・、最強の英雄になっていたのではないか、と思うのです。

弱さを知ることは、できない自分を認めること

弱点の知ることは、できない自分を認めることです。できない自分を認めたくなくて、目を背けたくなる気持ちはよくわかります。プライドが邪魔して認められない。そこも弱さだったりします。

ただ弱い自分も認めてあげないと、本当の自分を否定することになります。

「どうせわたしなんて・・」と投げ出さずに、「情けなくても自分は自分!」「これも自分なのだからやるしかない!」と腹をくくることが肝要です。

腹をくくれば、弱点を克服する知恵もわいてきます。そうすれば、あなたはもっと強くなれます。

弱いところもあるあなたは、人間味があって魅力的です。ありのままの自分を受け入れられたら
真に強い人になりますよ。

【無料】あなたにいま必要なメッセージをお届けします

タロット霊にきいてみる。いまのわたしに 必要なメッセージは?

ここに3枚のカードがあります。直観でピンときたカードを選んでください。

わたしの魂は何を望んでいるの?
今、どのように行動すると良いの?
今のわたしに必要なメッセージは?

いますぐお届けします。