誤解をとくにはスピードが肝心!

「あ、しまった。つい余計な一言を言ってしまった・・」

「もしかして、説明が足りなかったかも・・」

あとから振り返って、誤解を招いてしまったかも・・と心配になることがあります。

言い過ぎてしまった。自分の想い(意図)が伝わっていたか心配だ。そんなときは、誤解をとくためにすぐにフォローすることが大切です。

誤解がうまれるのは、そのまま放置してしまうから

言い過ぎたり言葉が足りないとき、誤解がうまれるのは「そのまま放置」してしまうからです。

伝えた人は、「たぶん察してくれただろう。だから大丈夫。」「きっと伝わってるだろう。だから大丈夫。」と、相手が自分の本音や気持ちを理解してくれただろうと自分にとって都合のいいように考えます。

受け取った人は、「なぜあんな風に言われたのだろう。わたしがいけないのかしら。」「どうしてこんな言い方をするのだろう。怒っているのかしら。」と、相手の真意がどこにあるかを考えます。

伝えた人と受け取った人の想い(意図)が同じ解釈にたどり着くなら問題ないのですが、それぞれが想像を膨らませ、それぞれが自分なりの解釈をしてしたとき、誤解が生じるのです。

誤解されたと思ったら、すぐにフォローすること

誤解のまま月日が過ぎていくと、月日と比例して誤解の溝は深くなっていきます。

あなたがもし、「誤解しているかも?」もしくは「誤解されたかも?」と感じたら、やることは一つ。相手に対してすぐにフォローすることです。

「言葉が足りなかったみたい。わたしの考えや気持ちを説明するね。」ときちんと伝え直す。

「こういう意味だけど、私の想いはちゃんと伝わってる?」と確認してみる。

「ごめんなさい。言い過ぎてしまった。」と素直に謝ることなどが大切です。

 

「いまさら謝るのはカッコ悪い」「話題をぶり返してまた怒られたくない」「言い訳していると思われたくない」と自分を守ることばかり考えていると、いつまでたっても誤解の溝は埋まりません。

そのまま放置していると、気がついたときにはもう手遅れになるでしょう。会社でギクシャクしたり、恋人からラインブロックされてからでは遅いのです。

 

すぐに伝えれば、すぐに解決!

自分を守りたくなる気持ちよりも、勇気をだして伝えることが大切です。すぐに伝えれば、誤解の溝が浅いので問題はすぐに解決するでしょう。モヤモヤしたわだかまりがとれて、スッキリしますよ。

そのちょっとした心がけで、すぐに誤解が解くことができます。何よりもスピードが肝心なのです。

メルマガのご登録

あなたの人生をもっと豊かにするために、本当の幸せを得るために、愛と知恵をお届けしています。
美虹からのスピリチュアルメッセージと、今週一週間の星占い☆をお受け取りください。
あなたの幸せを心より応援しています。

配信:毎週金曜日 朝8時ごろ