イチロー選手を占ったら、引退時期がピッタリで驚いた

イチロー選手の引退会見見ましたか。会う人会う人「カッコよかったねー」と話題にするのでYouTubeで85分ノーカット版を見ました。うん。確かにカッコよかった!  

人が大きな転機を迎えるとき、職業柄星の動きがどうなっているかつい調べたくなります(笑)  すると!時期がピッタリ。彼の引退の時期が星の動きと一致していて驚きました。 

1引退の時期が星の動きとピッタリ

 星の動きを読むとき、どの星を重要視するかはその人の職業によって変わります。イチロー選手のようにスポーツ選手の場合は「火星」を重視します。

火星=「体力」「決断」を、太陽=「生き方」を表しますが 、今回注目したのは彼のこの2つの惑星に2018年春から2019年春にかけて天王星(変化)がやってきたこと。  

つまり体力(火星)の影響で生き方(太陽)を大きく変化(天王星)する決断(火星)のタイミングだったのです。 

 昨年5月は球団特別補佐に就任し今季残りの試合に出場しないことが発表されたとき。そして今年3月に引退。占星術的にはピッタリすぎるタイミング。

もちろん、イチロー選手が星の動きを知っていたわけではないでしょうから、人間は宇宙の一部だなとつくづく思います。

他にも、引退の時期といえば、稀勢の里も興味深かったなぁ。2017年に横綱になり、ケガをし、2018年も本調子には戻りませんでした。占星術からみると、彼のエネルギー、ケガ(火星)に、2017年と2018年は極端さ(冥王星)が大きな影響を与える時期でした。

彼のエネルギーが最大限にひきだされ横綱に昇進したものの、ケガがきっかけで引退したことも、大きくうなずける時期。実際の稀勢の里をTVで見ていても、この2年間ものすごい激動だっただろうことがうかがえます。 

さて、話はイチロー選手に戻ります。 彼は1991年ドラフト4位で入団。そこからスーパースターへの階段を着実に上っていきました。一方、ドラフト1位で華々しく入団しても、数年で野球界を去っていく人もいます。

その違いはどこにあるのかしら。会見を聴きながら探ってみました。  

2偉大な記録よりイチロー選手が大事にしていたことは?

 イチロー選手が会見のとき「いま思い返して印象に残っているシーンは?」と聞かれたときのこと。

 普通の人なら日米で28年間プレーした数々の偉大なる記録に触れるじゃないですか。  けれどイチローは違った。 

 == 会見から一部抜粋 ==
記録を目指してやってきたけれどそれはいずれ後輩が抜いていく。記録は本当に小さな事にすぎない。けれど去年の5月以降ゲームに出られない状況になってその後チームと一緒に練習を続けてきた。それを最後まで成し遂げられなければ今日のこの日はなかった。去年の5月からシーズン最後の日まであの日々はひょっとしたら誰にもできないことかもしれない。ささやかな誇りを生んだ日々であったと思う。どの記録よりも自分の中ではほんの少しだけ誇りを持てたことかなと思います。(おわり)  

 なんか、カッコいいですよね。   どこまでも「自分が基準」なのですよ。
数字=世間からの評価ではなくてすべて自分の基準。あんなに多くメジャー級な記録をもっていながら、数字より大事なことがあると言い切れるカッコよさ!

しかも、結果を求めながらも結果につながる「プロセス」を大事にしています。
彼は数字の目標よりも、①ケガをしない体をつくること②毎日規則正しい生活をして③健康な体で試合に臨むことを、日々の生活で大事にしていたそうです。 

「結果を生むプロセス」を徹底的に練り上げて実行すれば、結果はついくる。そう信じ切っていた強さがカッコイイ。これまで彼が現役だったのは、記録のためでもお金のためでもなかった。

わたしたちは目標や人からの評価に目が行きがちになるけれど、  他人から評価を得るために成果を追求すべきじゃないよとイチロー選手が言っているような気がします。 

それよりも昨日の自分に負けないこと。失敗したり改良点を見つけたり新しい発見を重ねたりして目標に向かう「プロセス」を重視する方が大切なんじゃないの?何のために目標を果たすのか。それはまぎれもなく自分のためでしょ?ってね。  

「自分基準」からブレない強さと「プロセス重視」で努力し続ける強さ。自分の道を追求している人の美しさをみた気がしました。これがイチロー美学なのでしょうね。

【無料】あなたにいま必要なメッセージをお届けします

タロット霊にきいてみる。いまのわたしに 必要なメッセージは?

ここに3枚のカードがあります。直観でピンときたカードを選んでください。

わたしの魂は何を望んでいるの?
今、どのように行動すると良いの?
今のわたしに必要なメッセージは?

いますぐお届けします。