7割の高齢者が後悔するという驚きのデータ。後悔しないためにどうしたらいい?

人生を振り返ったとき、実に!7割の高齢者が口をそろえて後悔する理由があるそうです。それは、「チャレンジしなかったこと」だそう。

人生の大先輩たちの実に7割が、同じことを後悔しているなんて・・衝撃的です!

そういえば、先日お会いした70代の方が「私があなたくらいの年なら、飲食店を始めたいわ~」と口惜しそうに仰っていた姿を思い出しました。

あなたも、人生の大先輩からこんな話をされたこと、一度はありますよね。

「7割の人が後悔する」というデータは、これから人生を歩んでいく私たちに託された、貴重なメッセージなのではないでしょうか。

もしあなたが、大胆な夢から日常の些細なことまで、後回しにしたり、諦めたりしていることがあるなら。

「今じゃなくて後でやろう!」「状況(準備)が完全に整ったらやることにしよう!」そう思いながら、多忙な日常に流されているなら。

そんな自分に喝を入れてくれるメッセージだと捉えてみましょう。

チャレンジしない3つの理由

チャレンジしたいけれど、踏み出せない。そこには理由があると思います。ここでは、3つの理由を紐解いてみたいと思います。

①もし、失敗・・という恐怖心が強くて踏み出せないなら。

失敗の恐怖。それは誰しも持っている恐怖です。あなただけではありません。チャレンジと失敗は隣り合わせにあるものですから、そもそも恐怖感はなくなりません。

挑戦しなければ失敗もしませんが、成功する日もやってきません。

恐怖心より、ちょっとでもチャレンジ精神の方が上回れば、小さな一歩を踏み出していけるのです。恐怖に目を向けるより、やりたい気持ちを強く持ちましょう。

たとえ1回失敗したとしても、挑戦し続けていく限り「失敗」にはなりませんから、成功するまで挑戦し続けていく覚悟で腹をくくり、始めていきましょう。

 

②もし、シュチュエーションが完全に整ってから始めようと思っているなら。

知識が足りない、お金が足りない、年齢的に難しい、など「足りない部分」ばかり目がいっているのかもしれません。

完全に状況が整うことを待っていてもなかなか始められませんが、「始めるのにいいタイミング」というものがあります。

タイミングをつかんだら、まずは飛び込んでみること。経験を重ねていくと、工夫した方がいいことや修正した方がいいことなど、気づく点が出てきます。試行錯誤しながら、一つ一つ進めていけばよいのです。

状況を見極めながら改善に向けて考動していくと、最初に想い描いていたものとは違う形になるかもしれませんが、「最善の形」がつくられていくはず。その過程を楽しみながら、まず始めてみましょう。

 

③もし、モチベーションがあがらないという人は。

現状に不満があるので現実から逃避したいだけだったり、やりたい内容にそこまでの情熱を感じていないのかもしれません。

○○しなくちゃ!と思っているけれど、心の中ではそれほど求めていなかったり、チャレンジするほどの価値はないと考えているのかもしれません。その場合は、根本から見直すことが必要になるでしょう。

 

人生を後悔しない人は、たった3割。大きな夢にむかったチャレンジから、日常の些細なチャレンジまで、チャレンジこそ人生です。

今日から後悔しない生き方にチャレンジしませんか。

メルマガのご登録

あなたの人生をもっと豊かにするために、本当の幸せを得るために、愛と知恵をお届けしています。
美虹からのスピリチュアルメッセージと、今週一週間の星占い☆をお受け取りください。
あなたの幸せを心より応援しています。

配信:毎週金曜日 朝8時ごろ