甘えるのが苦手・・と思っている人ほど、甘え上手になろう

心身ともに疲れてしまったとき。ふと誰かに甘えたいなぁ・・と思うことがありますよね。

そんなとき素直に甘えられたらいいけれど、中には「どうも人に甘えるのは苦手・・」という人もいるでしょう。

自分に大きな負担がのしかかっているときでも、「わたしがなんとかしなくちゃ!」とつい頑張りすぎていませんか。

ぜんぶ一人でこなそうとすると、心も体も悲鳴をあげてしまいます。ひとりで悩みを抱え込んでしまったり、体調を崩したりする前に、人の力をかりましょう。

そこで今回は、「日頃人には甘えられないと思っている人ほど、思い切って人に甘えよう」をテーマに考えてみたいと思います。

人に甘えられない人はどんな人?その理由(わけ)は?

人に甘えられない人は、自立心があってマジメ、責任感の強い人が多いです。

周りからも「あの人に任せておけば大丈夫よね!」としっかり者に見られがちなので、本人も期待に応えて「できる範囲のことはなんとかしなくちゃ!」とがんばりすぎてしまう傾向があります。

「甘えられない」といっても、理由(わけ)はそれぞれあるでしょう。

・途中で投げ出せない。責任もって最後までやり抜きたい

・人に甘えるとワガママを言っていると思われるかもしれない

・どうやって甘えたらいいか分からない

・そもそも人に頼むより自分でやる方がラク

・人に弱みを見せたくないプライドがある

・相手に嫌われたくない。相手の反応がこわい

・手を貸してもらえる自信がない、など。

「わたし、人に甘えられないんだよねぇ」と嘆く前に、どうして甘えられないのかを考えてみるといいでしょう。理由(わけ)が見つかれば、「手伝ってほしい」の一言がいえるかもしれません。

甘えるのも大事な能力のひとつ

甘えられない人も、実は「甘えたい」「手を貸して欲しい」という気持ちがないわけではないでしょう。

実はわたしがそうでした。自分でできる範囲のことを人に頼むのはワガママじゃないかと思っていました。

「誰かに助けてもらおう」という意識がなかったんですよね。ひとりで生きてるわけじゃないのに、ね。

でもいまは、誰かにお願いしたり、助けを求めたりすることは、自分の心身のバランスを保つためにも、周囲の人とコミュニケーションをとるためにも大事なことだと気づきました。

トートタロットのCUP3のカードにこのような意味があります。

「サポートが得られると、一人では成し遂げられなかった成功を手にすることができる」

会社で言えば、チーム一丸となって取り組むことで成果が出せたり、友人と話し合うことで知恵やヒラメキがもらえたり、親しい人に聞いてもらうだけで気持ちがラクになったり、手を貸してもらうことで実際に物事がスムーズに運んだりします。

相手に迷惑かもしれない・・弱みをみせると嫌われるかもしれない・・頼っても手を貸してもらえないかもしれない・・など、思い込みで遠慮する価値観は捨てましょう。

依存と甘えは違います。自分のキャパオーバーかどうかは、自分自身にしか分からない感覚です。心身ともにバランスを崩してしまう前に、思い切って「手伝ってほしい」の一言を伝えてみましょう。

人は人によって磨かれていきます。

甘えられた人は、普段気丈に頑張っているあなたから甘えられて「あ、頼りにされているな」と誇らしく、嬉しく思ってくれるはず。助けてもらうことは、相手に喜びを与えることでもあるのです。

メルマガのご登録

あなたに合った生き方をしていると、もっとラクに生きられるようになります。美虹からのスピリチュアルメッセージと、一週間の星占い☆をお届しています。
配信:毎週金曜日 朝9時ごろ