思い込みと気づかないほど、思い込んでいるのをやめる

人から「それって、勝手な思い込みでしょ!?」と指摘されて、ハッとしたことありませんか。

思い込みというのは、自分ではこれが正しいと固く信じていますから疑いもしません。人に言われて初めて「そうだったの…か!」とヒザを叩いて納得することもあります。

真実なのか虚偽なのかさえ確認しようとせずに、一人でどんどん想いをすすめてしまうと、気づいたら「〇〇すべきだ」「〇〇に違いない」などの考えに縛られて、自分の首を自分でしめてしまいます。

良く調べもしないで「できない」「やれない」と言っていませんか。個人的な感情や想いでモノゴトを動かそうとしていませんか。

一歩離れて、自分のいる位置を確かめてみてください。モノゴトを進めていくのに、個人的な感情は脇によけておきましょう。

冷静に落ち着いて、客観的な目線で全体をみまわしてみる。思い込みをやめて、自分の目でしっかり事実を確かめたら、正しい判断ができるようになります。

自分の考えは絶対正しいという考えを一旦置いておくと、会話の内容から相手の本当の想いが見えてきたり、これが実力相応の評価だと納得したり、導かれた結果なのだと素直に受け止めていくことができます。

もし、自分で出した判断に迷いがあるときは、人からアドバイスをもらうといいでしょう。

メルマガのご登録

あなたの人生をもっと豊かにするために、本当の幸せを得るために、愛と知恵をお届けしています。
美虹からのスピリチュアルメッセージと、今週一週間の星占い☆をお受け取りください。
あなたの幸せを心より応援しています。

配信:毎週金曜日 朝8時ごろ