愛と喜びに溢れている。その幸せ、ずっとは続かないかも!?

わたしたちは生きていると、さまざまな愛や喜びに出会います。自分の気持ちを受けとめてもらえたと感じたときは嬉しいし、相手と通じ合えた実感があると喜びでいっぱいになりますよね。

「すごく嬉しい!」と心から喜んだはずなのに、その気持ちが長く続かなかった・・という経験、ありませんか。

ずっと嬉しい気持ちをもち続けることができたらいいけれど、多くの人は「満たされた瞬間」が過ぎてしまうと、その満たされた感覚に慣れてしまいます。幸せな出来事が起きても、その幸せがだんだんと「当たり前」になってしまうのです。

たとえば。

・新しい恋人ができて、「こんなに優しくしてくれるなんて!」と喜んでいたのに、彼が怒らないのでどんどん甘えがエスカレートしてしまい、自分がわがままになってしまった。

・家族が家事をやってくれるので、次第に「ありがたみ」を感じなくなってしまい、家で何も手伝わなくなってしまった。

・やりがいを感じていた仕事も、慣れてきたらだんだん飽きてしまい、また転職したくなってしまった。

こうした気持ちの裏側には、「もっと刺激が欲しい!」「親しい関係に慣れてしまった」「これまでやってきたことが単純に飽きてしまった」などの思いが隠れているのかもしれません。

この状況を続けていくと、もっともっと贅沢をしたくなったり、ますます楽をしたくなる可能性がでてくるでしょう。最初の嬉しさやありがたみはどこへやら。一時の癒しや楽しみ、贅沢に過ごすことはできても、やがて行き詰りを感じることになるのです。

マンネリ化していく心と、どう向き合うか

穏やかで安定している環境、理解し合えるパートナー、日常生活はとくに不自由なく暮らしている。けれど、どこか気持ちに不満があって、マンネリを感じてしまう。満ち足りているはずなのに、何かが足りない。

こんなとき、どうすればいいのでしょうか。

与えられる楽しみや外側からの満足を求めているばかりでは、いつまでたっても解決されないでしょう。まわりから影響されて、それに振り回されている自分に気づくことです。そして自分をしっかり見つめ、心にコントロールされるのではなく、心をコントロールできる人になっていくことが大切なのです。

先程の例で言うと、恋人に”してもらうばかり”ではなく、「自分の方からも積極的に愛情を注いでいこう!」と気持ちを切替えることが必要でしょうし、

いつも家事をしてくれる家族に感謝を忘れず、自分も家族にできることをしよう!と決めて、「お互いに思いやる気持ちを大切に過ごそう」としていけば、家族関係が居心地の良いものに変わるでしょう。

仕事は、どこの会社であれ、もっと高い目標をかかげて「動こう!とする意気込み」が大切になってくるでしょう。

 

私たちの心は、常に満足させてくれるものを求めています。満たしてくれる物を所有し、お金が入れば安心し、表面的に人を頼って楽しく生きていこうとしても、長続きせずにまた満足するものを探したくなる、という繰り返しをしています。

この状況を突破することは簡単ではありませんが、あえて自分にとって厳しいことも取り入れて、なぁなぁになりそうな心に渇をいれて、自分をコントロールできる人になっていくことが大切なのです。

メルマガのご登録

あなたの人生をもっと豊かにするために、本当の幸せを得るために、愛と知恵をお届けしています。
美虹からのスピリチュアルメッセージと、今週一週間の星占い☆をお受け取りください。
あなたの幸せを心より応援しています。

配信:毎週金曜日 朝8時ごろ