自然体でいることは、ギャップを見せること

タロットカードに「ありのままでいよう」そんな解釈のカードがあります。

鑑定中にこのカードが出ると、「自然体でいるのが良さそうですね」とお話するのですが、自然にと言っても意外とムズカシイこの自然体。

「自然体でいる」って、どんな状態なのでしょう。

ムリしないで、肩の力抜いて、ありのままでいい、と大らかな気持ちでいる状態ですよね。

けれど実際は、周囲(人や環境)に合わせてムリしてがんばってしまう場合も多いと思います。

そこで、今回のテーマは「自然体でいるにはどうしたらいい?」について考えてみたいと思います。

自然体でいるとは、自分の弱さを認めることなのかもしれません。

「周囲の期待に応えたい自分」と「本来の自分」。ここにギャップがあるとき、そのギャップを人に見せてもいいかな、って大らかに思えたら、少しずつ自然体に近づいていけるのではないかと思います。

ヨガのインストラクターの自然体さに、親近感がわいた話

わたしはヨガ教室に通っているのですが、そこにちょっと厳しめな指導をする体育会系の女性講師がいます。

彼女の講座に参加すると、昔なつかしい!?理科室に置いてあったような本格的なガイコツを使って、体のココの部分がどうのこうのと説明をしてくれます。

彼女のイメージは、「いつも体のことを考えて生活してます!」みたいな感じ。

あるとき、そんな彼女がテーピングで首や肩をグルグル巻きにして、ヨガスタジオに現れたのです。

彼女は恥ずかしそうに苦笑いをしながら「いや~、お見苦しくてすみません。肩を痛めまして。アハハ」と。

それを聞いたわたしは「へぇ。いつもストイックに体の研究をしている講師でも、そんなことがあるんだ・・」とちょっと驚きました。

そして次週、またもやこの講師。「ピンヒールはいてたときにね、酔っぱらって転んで、こんどはケガしましたぁ。ガハハ」だって!

肩と首はテーピングでグルグル巻き。ひじやひざにはバンドエイド。それを見ていたら・・

ぷっぷっぷ。なんかね。もうね。いままでのイメージとのギャップが大きすぎて、感動すらしました(笑)

ヨガの講師だって肩も痛めるし、ケガもする。考えてみれば当たり前。だけど、言いにくいことって、隠す人が多いじゃないですか。

講座が終わったあと「いや~、〇〇さん(講師の名前)親近感がわいちゃいましたよ~」と声をかけずにはいられませんでした。

どうして自然体でいることはムズカシイの?

自然体でいるのがムズカシイときは、どこかで良い人でいようとしたり、大きく見せようとしていたり、期待を裏切らないようにしているから。

いえいえ。あなた本来の姿を大胆に見せる。ギャップがあっても見せる方が心地よいはず。

「こんな風に思われちゃうかも?」より「飾らないわたしを出しちゃおう!」を優先するとラクになりますよ。

メルマガのご登録

あなたに合った生き方をしていると、もっとラクに生きられるようになります。美虹からのスピリチュアルメッセージと、一週間の星占い☆をお届しています。
配信:毎週金曜日 朝9時ごろ