失敗こそ、幸せの扉をひらもの。たとえ求めているものと違っても別の価値がある

文房具用品のポスト・イット、一度は使ったことありますよね。実はこれ、失敗作から生まれた成功物語なんですよね。有名な話なのでご存知かもしれませんね。

アメリカの企業が、強力な接着剤をつくりたくて日夜研究を重ねていましたが、失敗続き。強力な接着剤とは程遠い「簡単にはがれる接着剤」。

普通ならば失敗作として扱われるところでしたが、これは「しおり」として使える!というヒラメキにより、付箋紙やメモ用紙として製品化することになりました。

今やポストイットは世界中に普及し、多くの人に愛される便利なものになりましたよね。

求めている結果とは別の価値を生み出して大成功することは、よくあることです。

視点を変えれば価値も変わる

目的からハズれることは失敗のようで、実は視点をかえると良いものに変わります。

心も同じです。

観点を変えることによって、ストレスを回避することができたり、思ってもみないような新しい扉がひらくことがあります。

視点を変えてみたら「こういう意味があったんだ!」と気づいて、ラッキーだと思ったことはありませんか。欲しいものが手に入らなかったときも、考えようによってはラッキーなのです。

「この道はあなたに向いていないよ。他の道の方がもっと良い人生になるよ」と教えてくれることもあるでしょう。

欲しいものが手にできなかったとき、「これには何か意味があるぞ!」と視点を変えて考えるゆとりがあると、本当に欲しいものを手にすることができます。

たとえ大学受験に失敗しても、「これには何か意味があったのかも」と思うゆとりのある人は、社会人になってもっと大切なものに出会えるでしょう。

大好きな人にフラれてたとしても、「もう二度と同じことはしないわ」と反省できる人は、次の恋はきっと成就するでしょう。

当初の目的とは違ったとしても、よくよく視点を変えてみると、そこに別の価値が見つかるはずです。失敗こそ幸せの扉をひらくもの。発想の転換で新しい扉をひらいてください。

メルマガのご登録

あなたの人生をもっと豊かにするために、本当の幸せを得るために、愛と知恵をお届けしています。
美虹からのスピリチュアルメッセージと、今週一週間の星占い☆をお受け取りください。
あなたの幸せを心より応援しています。

配信:毎週金曜日 朝8時ごろ