人に期待をしないで、自分に期待をしよう

以前友人とお茶をしていたときのこと。彼女が疲れた顔で、「もうね、人に期待するのがつくづくイヤになっちゃったのよ」と言っていました。

思うように動いてくれない部下がいて、限界近くまでストレスがたまっている様子。不満や苛立ちが顔に出てしまうほど、お疲れモードでした。

人への期待感が大きいほど、自分の失望感が大きくなります。

そこで今回は、「人に期待をしないで、自分に期待をしよう」について考えてみたいと思います。

 

身近な人が思うように動いてくれないと、カチンときたり、ガックリきたりしますよね。それは相手にたいして「せめてここまでは、やってくれるだろう・・」と期待をかけていた気持ちが、裏切られたと感じるからでしょう。

耐えられないギリギリの感情をもち続けたまま、これからもガマンし続けることは、非常にツライことです。ツライままでいると、自分が気がついていない間に、顔や態度から不満オーラを放っているかもしれません。

そんなときは心機一転、ガラリと考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

人に期待をすることをやめるのです。それは、あきらめるとか見放すとか、人にたいして冷たい態度をとるなど、そういう意味ではありません。

人に期待をかけて自分が振り回されているときは、イライラしたり落ち込むなど、実は莫大なエネルギーを消耗しています。その莫大なエネルギーを、自分のために使うのです。

人に期待をかけるのではなく、期待を自分にかけるのです。

自分自身に目を向けて、やりたいことを、自分に期待をかけながら丁寧に育てていきましょう。

ちなみに、部下に疲れてしまったわたしの友人は、前から興味のあったヒーリングの勉強をし始めたそうです。すると、

「以前は部下に期待しすぎて、部下にも嫌な思いをさせてしまったけれど、わたしの気持ちにゆとりがでてきたら、不思議と少しずつだけど関係が良くなってきたの」と言っていました。

限界だなぁと感じたら思い切って心機一転、人に期待していたエネルギーを自分のために使ってみてください。楽しみが増えたり、気持ちが楽になったり、状況が改善されるなど、きっとよい方向に導かれていきますよ。

メルマガのご登録

あなたの人生がもっと豊かになるよう、本当の幸せが舞い込むよう、愛と知恵をお届けしています。
美虹からのスピリチュアルメッセージと、今週一週間の星占い☆をお受け取りください。
あなたの幸せを心より応援しています。

配信:毎週金曜日 朝9時ごろ